スリー・バーラサイババは1990年、慈善活動基金「スリー・バーラサイババ・セントラルトラスト」を設立しました。
この基金はつぎの社会プロジェクトを支援します:教育、保健医療、福祉、子どもの養育。

Concept Schools’ 「コンセプト・スクール」

スリー・バーラサイババ・セントラルトラストは、2004年、クルヌールに6校ある全日制の学校の運営を引き受けました。生徒たちは「全寮制学校」の教育コンセプトに従って教育を受けます。小額の学費の支払いのみを求められます。

Village Schools'「ビレッジ・スクール」

非識字の子どもたちが読み書きをできるようになるために、無償で夕方の授業を行う簡易な学校。トラストは、108の学校をサポートしています。

Eye-Camps and Eye-Clinic'' 「アイ・キャンプ、アイ・クリニック」

1995年より、45万人以上が検診を、5万5千人以上がIOL(人口水晶体)の手術を受けています。800以上の村を訪問、貧困で助けを必要としている患者を捜してアイ・クリニックと病院での手術を案内し、施しています。豊富な経験を積んだ眼科専門医のドクター・ジャヤプラカーシュが、視力の回復において難しいケースでも、多くの成功をおさめています。すべての治療と食糧は無償で提供されています。

'Free Clinic' 「フリー・クリニック」

クルヌールにある外来診療所で、貧困で助けを必要とする人たちが無償で薬(対症療法、ホメオパシー、アーユルベーダ)を与えられ、注射も行われます。過去16年間、ドクター・エラ・レッディが、多いときには1日約150人もの患者を診察しています。

'Medical Camps' 「メディカル・キャンプ」

1994年より、トラストはHIV感染、チクングニア熱、ポリオなどの検査を行うメディカル・キャンプを運営しています。視力検査も行い、必要であれば眼鏡も無償で渡しています。
ハイデラバードのバーラサイババ・アシュラムは、毎月第2日曜日、メディカル・キャンプを行っています。そこでは、薬の投与や注射、尿検査がおこなわれます。すべて無料です。キャンプに先立ち、帰依者たちがボランティアでスラム地域へ出掛け、住民たちにこのサービスがあることを知らせます。

Water Project' 「ウォーター・プロジェクト」

暑い時季や干ばつに見舞われているときに、クルヌールのスラムの住民に飲料水を無料で供給します。生命を維持する上で絶対に必要な飲料水を、セントラル・トラストが購入し、大型タンクで供給する地域まで輸送します。

'Wheelchair and Sewing Machine Project' 「車椅子とミシンのプロジェクト」

長年、トラストは、障がいのある人たちに三輪車を、援助を必要とする貧しい未亡人にミシンを贈り、社会で働いて稼ぎを生むことができるよう、無料の訓練や教育を通して機会を与えてきました。バーラサイ・トラストは、教室も開かれる新しい縫製・仕立てセンターをクルヌールのアシュラムに設立。そこでは、最大600人もの貧しく衣食にも事を欠く女性たちが生計を立てていけるよう、技術の教育と訓練がおこなわれます。世界平和会議の場で一人ひとりが一台のミシンを受け取ります。(2007年、年間で100台以上のミシンと50台以上の三輪車がすでに贈与されています。) 寒冷期には数百着のサリーと毛布も、クルヌールの貧困で衣食に事欠く人たちに手渡されました。

2008年、さらに5000着のサリーと2000着のドーティ(男性用の腰巻)が貧しい人たちに贈られました。

Free Preventive Medical Examinations 無料健康診断

トラストの設立以来、年間ベースで提供されるサービスです。

Inoculation予防接種

貧しい人々へ無償で予防接種が提供されています

Other Planned Medical Projectsその他の医療プロジェクト計画

セントラル・トラストが将来的に支援、実施を望む、さらなるプロジェクトの計画があります。エイズ福祉サービス、リサーチセンター、専門病院など検討されています。

皆様の心からのご支援をお待ちしております

お振込み頂いた金額は、トラストジャパンでお預かりし、セントラルトラスト(インド)へお渡しいたします。
上記のような活動を維持し広めていくことに活用させていただきます。

☆ゆうちょ銀行間でのお振込み☆
記号 14400
番号 15259071

☆他の金融機関からのお振込みの場合☆
店名 四四八(読みヨンヨンハチ)
店番 448
預金種目 普通預金
口座番号 1525907
口座名 バガヴァーン スリー バーラサイババ トラスト ジャパン